腰が痛くなりにくい!抱っこ紐のつけ方について

06-6152-9120

豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

クリニックブログ

助産師・産後ケア

腰が痛くなりにくい!抱っこ紐のつけ方について

こんにちは!助産師です🌞

 

赤ちゃんとのお出かけには不可欠の抱っこ紐。

皆さんはどのようにつけていますか?

どんどん体重が重くなってきて、腰が痛い、肩がこる・・・なんて方も多いのではないでしょうか。

つけ方を少し変えるだけで、腰や肩への負担が軽減します!

☆抱っこ紐のつけ方ポイント☆

・腰のベルトは、おへその位置に!(思っているより高く)

・赤ちゃんと大人の隙間はゼロ!

・赤ちゃんの額はキスできる位置に!

・装着後の赤ちゃんの足は左右対称に!

・赤ちゃんの身体はねじれない!

・肩のベルトは自分の首の付け根近くに!

また、気を付けていただきたいことについて紹介します。

【首が座る前】

・足は曲げた状態に保つ(手足を曲げている状態が自然)

・首やお腹が曲がりすぎないようにする(呼吸しにくくなる)

・首が支えられるよう、インサートの使用や後頭部に手をあてておく

普段何気なく使っている抱っこ紐ですが、

間違ったつけ方をすることで大人にも、赤ちゃんにも負担がかかってしまいます。

ポイントを覚えていただき、思い出しながら抱っこ紐をつけてみてくださいね♪

付け方が合っているか不安な方は、

作業療法士と助産師が行う""抱っこ教室""も行っておりますので、是非ご参加くださいね!

助産師・産後ケア | 2021.03.27

ブログトップへ戻る
  • 〒560-0004
    豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

    Tel. 06-6152-9120
  • 小児科PASSOクリニック診療時間表

    ※受付は15:00までとなっておりますのでご注意ください。

    親子幼児教室のご予約はこちら
    • LINE予約はこちら
    • Instagram更新中

pagetop