IPVについて

06-6152-9120

豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

クリニックブログ

特定短期:ポポロン

IPVについて

医療型特定短期入所施設「POPOLON(ポポロン)」では

お預かり児に合わせて「IPV」も行っております。

 

IPVってなんだろう?

肺内パーカッション療法×高頻度陽圧換気療法×エアロゾル吸入療法

IPV®は、上記の3つの機能を同時に導入することを可能にした新しい治療用人工呼吸器です。

ネブライザーによって加湿された空気の塊を、高頻度かつ断続的に気道内に送ることによって、換気改善と喀痰排出の補助を行います。

適用範囲が広く、未熟児・小児~成人・高齢者まで、重篤の患者から回復途上の患者まで幅広い症状に効果を発揮します。排痰に卓越した効果があり、 無気肺の解消、PaO2,PaCO2、P/F比などの呼吸機能の改善が速効的に達成されます。従来の人工呼吸器で効果のなかった肺疾患が、IPV®に切替えて急速に回復した症例報告もあります。

パーカッショネアジャパンHPより

 

ご利用希望者様は、随時見学や面談を行っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

豊中市少路の小児科

PASSOクリニック(パッソクリニック)併設施設 

豊中市の医療型特定短期入所施設 POPOLON(ポポロン)

☎06-6152-9120

特定短期:ポポロン | 2022.11.23

ブログトップへ戻る

pagetop