見落とさないで!赤ちゃんたちの貧血(鉄欠乏性貧血)について

06-6152-9120

豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

クリニックブログ

赤ちゃんこども外来

見落とさないで!赤ちゃんたちの貧血(鉄欠乏性貧血)について

発達への影響や、いらいら、不眠...

それ、貧血が影響しているかも?!

 

赤ちゃん(生後9~10ヶ月位)の4~5人に1人は貧血(鉄欠乏性貧血)が見られ、

さらに貧血にまで至らない「鉄欠乏」も、かなりの数いると考えられます。

 

週数に対して、からだが小さく生まれたお子さんや、週数が早く生まれたお子さんは

生後半年ぐらいで貧血が進んでしまっている場合があります。

 

乳幼児の貧血はゆっくりと進行し、症状が明確でない場合が多く、

親のみならず小児科医でさえ見落とすことがあります。

 

顔色不良、生気がない、食欲がない、などで気づくことはむしろ少なく、

いずれも予防が重要で、タイミング的には生後4か月ぐらいで採血を行い、血清鉄を調べる必要があります。

ヘモグロビンの検査値だけで鉄剤の内服をすると、鉄過剰となり危険な可能性がありますので、血清鉄の評価が必要です。

 

こんな症状ありませんか?

~乳幼児の貧血の主な症状~

・顔色が青白い
・唇の赤みが薄い
・目の粘膜(下瞼の裏)の赤みが薄い、白っぽい
・食欲や元気がない、疲れやすい
・ぼーっとしている、周囲への無関心

当てはまる項目があればお気軽にご相談ください。

ご予約は 赤ちゃんこども外来 から💻

赤ちゃんこども外来 | 2022.08.01

ブログトップへ戻る

pagetop