花粉症・PM2.5・黄砂...

06-6152-9120

豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

クリニックブログ

お知らせ

花粉症・PM2.5・黄砂...

花粉症のシーズン到来します!!

 

オミクロンの流行時期にかぶってしまうと、判断が難しくなるため、花粉症の対応はしっかりとしておくのがおすすめです。

※この時期、くしゃみや鼻水が出ていると、周りの目が気になったりもしますよね...^^;

 

症状が悪化すると薬が効きにくくなるため、「予防的療法」が有効です。

発症する1,2週間前から内服を始める「予防的治療」は症状が出るのを遅らせたり、

ピーク時の症状を抑え、全体の症状を軽くできる可能性があります。

 

お子さんの受診のついでにお申し出いただければ、予約なしで診察・処方いたします。

※受付時に受付までお申し付けくださいね。

 

ご希望の方はご自身の【保険証】をお持ちください。

 

💊薬の選択肢について

以下の中から症状や状態によって合うものを探します。

 

💊内服(飲み薬)

1錠当たりの値段/1日当たりの値段

ビラノア   11 79.7/79.7

ルパフィン  11 59.8/59.8

デザレックス 11 57.2/57.2

タリオン   12 34.1/68.1

ザイザル   11 75.3  

(後発品ジェネリック      18前後)

アレグラ   12 46.6/93.2 

(後発品ジェネリック/15前後 

ディレグラ アレグラ+αの配合錠 54.6/109.2

(鼻づまりが強い時だけ2週間だけ使用可能)

アレロック 1日2回 37.2/74.4

かなり眠気が来ますが、治療効果は強めです。

 

💊点鼻薬

ステロイドや抗ヒスタミン剤を使用します。

鼻づまり感が強い方には主にステロイド噴霧を使用します。

 

💊点眼薬

抗ヒスタミン剤でかゆみ止めと腫れ止めを行います。

腫れが強い場合やごく初期にもステロイドも短期的に使用します。

 

院長自身がものすごい花粉症のため、色んな対処法に詳しいです!

ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

ご予約はこちらから→赤ちゃんこども外来👶

 

赤ちゃん・乳幼児のことなら

豊中市少路の小児科PASSOクリニック(パッソクリニック)へ!

予防接種・乳幼児健診・入園前健診・発達発育相談・助産師相談・産後ケア・作業療法・言語療法

一時保育・栄養相談・離乳食教室・あたまのたかち相談&指導・ヘルメット治療・アイメット治療

心理面談・新版K式発達検査・親子教室 など親子サポートを行っています♬

お知らせ | 2022.01.07

ブログトップへ戻る
  • 〒560-0004
    豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

    Tel. 06-6152-9120
  • 小児科PASSOクリニック診療時間表

    ※受付は15:00までとなっておりますのでご注意ください。

    親子幼児教室のご予約はこちら
    • LINE予約はこちら
    • Instagram更新中

pagetop