◆こころそだて教室◆イヤイヤ期などの困った行動、どう対応したらいい?(1/21・1~2歳前後)(1/27・2~3歳前後)

06-6152-9120

豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

クリニックブログ

幼児教室

◆こころそだて教室◆イヤイヤ期などの困った行動、どう対応したらいい?(1/21・1~2歳前後)(1/27・2~3歳前後)

こころそだて教室 ~いっしょに楽しもう、いっしょに話そう~

"こころ"の専門家、臨床心理士による教室です。

 

今回は「困った行動どうしたらいい?」です。

誰もが経験するであろう「イヤイヤ期」。

「あれもイヤ!」「これもイヤ!」ママも参っちゃうことも...

そんな時、どう対応したらいいの?!

臨床心理士と共に、ちょっと考えてみませんか?

 

 

◆1/21(木曜日) 11時~12時 (対象:1~2歳前後)

◆1/27(水曜日) 14時~15時  (対象:2~3歳前後)

※両日とも内容は同じですが、対象年齢が異なります

※年齢はあくまで目安です。 違っていてもOKです!

※親子同室での教室開催です。

 

 

「困った行動どうしたらいい? ~応用行動分析から学ぶ~」

 

日常で、お子さんの困った行動はどんなことがありますか?

例えば... "スーパーで買う予定のなかったおやつが欲しくて駄々をこねる"

"公園で遊んでいて帰ろうと声をかると、子どもが怒って遊びをやめない"

"食事中、立ち歩いてなかなかご飯を食べない"など 1歳半頃から、

自分と他者との区別がはっきりしてきて、"これはイヤ""あれもイヤ"と自己主張が始まります。

 

お子さんにとっては、自分の意思の表れですが、

"そのまま受け入れたほうがいいの?""それとも叱ったほうがいいの?"

と対応に迷うこともあると思います。

 

一見、こどもの「困った行動」とみなされる行動も、こどもの成長の証です。

こどもにはこどもなりに、その行動をする「理由」があります。

 

応用行動分析をもとに臨床心理士とみんなで話し合い、

日頃の困りごとの解決にむけてのヒントを一緒に探しましょう。

 

応用行動分析の考え方は、困った行動を減らしたい時だけでなく、

好ましい行動を増やしたい時にも役に立ちます。

 

今は困っていることはないけど、話だけでも聞いてみたい!という参加の形でもOKです♬

ぜひ、お気軽にご参加ください! お待ちしております。

 

ご予約方法:https://reserva.be/passoclinic

上記サイトよりご予約をお願い致します。

診察料:500円(北摂の方の場合・2回目まで/3回目からは無料)

診察を受けていただいた方へのオプション教室となります。

教室参加は無料ですが、保険診察代がかかります。

◆当日は、保険証と子ども医療証をおもちください。

コロナウィルス対策と致しまして、手指消毒・検温・マスク着用・

フェイスシールド等の着用、医師による健康チェックにご協力をお願い致します。

詳しくは、今後のブログやLINE配信、公式Instagramにて更新予定です。

幼児教室 | 2021.01.09

ブログトップへ戻る
  • 〒560-0004
    豊中市少路1-2-7 リッツサントノーレ2階

    Tel. 06-6152-9120
  • 小児科PASSOクリニック診療時間表

    ※受付は15:00までとなっておりますのでご注意ください。

    • LINE予約はこちら
    • Instagram更新中

pagetop